【jh 日本 道路 公団 情報】 ETC料金所の利用方法

1.ETCが利用できるゲート
「ETC専用レーン」と「一般車とETC両方通過できるレーン」の2種類があります。

2.ゲート通過時の注意点
スピードの出しすぎたまま料金所ゲートを通過しようとする方がいて、車両と料金所ゲートのバーとの接触事故が多発しています。ゲートを通過するときは、時速20km以下の速度で進入するようにしましょう。

3.領収書が欲しい場合
ETCレーンのETCゲートを通過した場合、料金はカードで決済されますが、高速料金の領収書は発行されません。どうしても領収書が必要な場合は、ETCレーンではなく、一般レーンを通行して下さい。料金所でETCカードを係員に渡せば、精算はETCカードで行ったうえで、領収書を受け取ることができます。

4.ETCレーンのない、または封鎖されている料金所
高速道路の入口がETCに未対応の場合は、一般レーンに入り、通行券を受け取ります。この場合、出口がETCに対応している場合でも、ETCレーンには入らずに一般レーンに進入し、係員に通行券とETCカードを渡せば、精算はETCカードで行うことができます。
高速道路の出口がETCに未対応の場合は、一般レーンに入り、係員にETCカードを渡せば、精算はETCカードで行うことができます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。