【jh 日本 道路 公団 情報】 その他各種ETCサービス

1.ETC利用照会サービス⇒詳細はこちらをご参考に。
ETC無線走行時の利用証明書の発行が過去62日間の走行まで可能です。

2.「ハイカ・前払」残高管理サービス⇒詳細はこちらをご参考に。
このサービスは、平成17年12月21日に「ETC前払割引サービス」が名称及び内容を一部変更したサービスです。お手持ちのハイウェイカードの残数をETCで利用することが出来ます。また、ETC前払割引サービスの前払金(積み増し)の受付終了時点における前払金の残高も利用できます。
※ETCカードとETC車載器が必要です。

【jh 日本 道路 公団 情報】 ETC助成制度&車載器導入支援 について

ETC普及のために「財団法人道路システム高度化推進機構」のHPで公表されています。ETC導入を助成してくれる制度です。

ETC車載器リース制度や、東/中/西日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、名古屋高速道路公社、福岡北九州高速道路公社などから、「ETCマイレージサービス新規お申し込み600ポイントプレゼントキャンペーン」など様々なサービスが提供されています。

今後も、新たに色んなサービスが提供されると思うので、参考にされてみてください。うまく活用して、安くETCを導入しましょう!

参考サイト⇒

【jh 日本 道路 公団 情報】 ETC事前登録割引について

1.ETCマイレージ割引⇒割引詳細はこちら
ETCによる高速国道等の通行料金のお支払額に応じてポイントが貯まり、そのポイントを還元額(無料通行分)と交換いただけるサービスです。事前に登録が必要。登録は無料です。年会費はかかりません。

2.ETC大口多頻度割引⇒詳細はこちら
大口・多頻度利用の方を対象としたETCシステムの利用を前提とする高速道路等の通行料金の割引制度です。ETCコーポレートカードが必要です。利用料金は、1ヶ月分をまとめて翌月末までに支払うことになります。

【jh 日本 道路 公団 情報】 ETC時間帯割引について

1.ETC深夜割引⇒詳細はこちら
午前0時から午前4時までに東/中/西日本高速道路株式会社の管理する高速国道を走行した場合。割引率約30%

2.ETC通勤割引⇒詳細はこちら
入口または出口の料金所を午前6時〜午前9時までの間または午後5時〜午後8時までの間に通過。1回の走行距離は100km以内。割引の適用は午前・午後それぞれ1回目まで。割引率約50%

3.ETC早朝夜間割引⇒詳細はこちら
入口または出口の料金所を午後10時〜翌午前6時までの間に通過。1回の走行距離は100km以内。割引率約50%

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。